上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ヒューゴ/ルカリオ♂

異色眼研究所さんに参加。






Hugo.png
※クリックで大きくなります。

名前/原型   ヒューゴ(Hugo)/ルカリオ♂
年齢/身長   29歳/181cm
所属/役職   EL/一般兵
一人称/二人称   俺/お前、あんた、名前呼び捨て、役職名など。
いじっぱりな性格 

「ったく、ここの奴らは狂った連中ばっかだぜ……」
「こちらヒューゴ。敵の武器は大型火器が4機、精密砲撃能力を有しているようだ」
「はいはい、作戦ッスか。ちゃっちゃと命令してください」
※それなりの立場の人に対しては敬意が無い敬語

【詳細設定】
元・傭兵の青年。ELに来てからまだ日が浅い。
それまで自分が異色眼持ちだということに気が付いておらず、
能力に気付いた傭兵仲間に情報を売られて研究所の人間に半ば無理やり連れて来られた。
異色眼研究所のことは話は聞いたことはあるがただの噂話だと思っていた。
「そんな狂った研究所などあるわけがない」→「実在してました」

EL・Eラボの人たちについては「どこか頭がおかしい」と認識しており、一定の距離を置いている。
一般常識、倫理観はあるため研究所で行われる倫理を逸脱した行為に唾棄している。
(いくら戦争のためとはいえ越えてはいけない線があり、研究所はそれを超えていると思っている)
すぐにでも脱走して元の生活に戻りたいと思っているが
さすがに国の機関を敵に回すのは分が悪いので現在は大人しくしている。

生まれつきの異色眼持ち。
見た物(人、兵器など)の能力(身体能力、特殊能力、設計、施された技術、性能、内部構造など)
を読み取ることができる能力。
兵器等の場合、読み取ったものの設計図を完全に再現することができる。
(物理学や化学の知識が無くても物質などが分かる)
能力はそれが『目視』できないと発動されない(対象が遠距離で点にしか見えない時は不可能)
目視さえできれば双眼鏡やサイトスコープ越しでも能力を使うことができ、
さらには写真や映像からでも対象を読み取ることができる。
昔は能力を無意識に使っており、自分が特殊だとは自覚してなかった。
(能力を使って行っていたことが女性の3サイズを当てるとかのくだらないことだったため)

能力の影響か瞳は常に瞳孔が開ききっており、強い光に弱い。代わりに夜目が効く。
そのため常に黒のサングラスを身に付けている。
サングラスが眼を隠していたこともあり、今まで自分が異色眼持ちであることも気付かれなかった。
検査の結果両目が揃ってないと能力が発動しないことが分かったため今は眼は弄られてはいない。

元・傭兵であるため能力を持たない相手なら戦闘ではそれなりに戦えるが
自分の能力が攻撃系のものではないため
現在はもっぱら能力を生かした敵陣偵察の任務が中心になっている。
戦闘用に銃器を複数携帯しており扱いは手慣れている。スナイパーライフルでの狙撃が得意。
身体能力が高く接近戦でも相応の実力を持つ。
(あくまで能力を持たない兵を相手にした場合の話。対特殊能力持ちは別)
戦場は軍用の大型バイクで移動している。

ヘビースモーカー。任務の時でも煙草を手放さない。
戦争に関与していない中立国出身。一応EL組の言語はマスターしている。
普段はEL組の言語で会話をするが悪態を吐いたりする時は自国の言語を口走ることも。

子供を生体兵器にして戦争の道具とするEx組の国には良い印象を持っていない。
子供たちに関しては可哀想だとは思っているが
彼らは望んで戦闘を行っているので複雑な感情を抱いている。
通常の兵を殺すことは平気だが子供相手では引き金を引くのを躊躇いそうになる。
狙撃で狙う部位も頭は胸など致命傷に至る部分ではなく手足などが多い。
しかしそれでは戦場ではやっていけないので
「あれは子供ではなくただの化け物」と自分に無理やり言い聞かせて撃っている。

【容姿補足】
髪は深青。
眼は常に瞳孔が限界まで開いている。
瞳は赤だが下部に従って青のグラデーションになっている。
(瞳孔のせいでぱっと見では瞳の色は黒にしか見えない)

※絡みやチュウについて
特に制限はありませんがエロは良識の範囲内でお願いします。
グロに関しては、死亡・今後の生活に支障が出るような怪我(失明・手足切断等)を
控えてくだされば大怪我などもOKです。

【親】 隼水 蒼
【Blog】 Glace Au Chocolat
【e-mail】 i64_ageha☆yahoo.co.jp(☆→@)
【Twitter】 Ao_Hayami
※ツイッターは腐発言が多いので苦手な方はご注意ください。




【絡み関係】

EL/一般兵 マリーさん(天歌さん宅)
同隊の年下の先輩さん。
銃器の話でちょくちょく突撃されてます。
相手にするのが面倒なので適当に相槌打ってます。
煙草を吸っていることに文句を言われていますが無視して煙吹きかけています。
完全に子供扱いなのでそのことでいつも喧嘩(一方的)してる感じです。

研究所外部 エフィムさん(天歌さん宅)
天敵。
研究所に連れて来られる際に彼に能力を調べられました。
その後も興味を持たれてますけど正直会いたくないです。
研究所で会う度に思いっきり嫌な顔してます。


※随時更新予定




スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

合縁奇縁

諸星

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。