上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

※注意!この設定には同性愛表現が含まれます!

ヴァトナ/グレイシア♀






Vatna.png
※クリックすると大きくなります。

ヴァトナ/Vatna
原型/グレイシア♀
年齢/身長   見た目年齢20代前半/155cm
一人称/二人称   私/貴方(貴女)、~ちゃん、~くん、~さん、名前呼び捨て等
臆病な性格 うたれづよい

「私、ずっとここから出られないのかな……」
「レイン?どうして怒っているの……?」
「や、やだ、ひとりにしないで……私、貴女がいないと駄目なの……」

【詳細設定】
臆病でいつも伏し目がちな女性。
常に何かに怯えているようにおどおどしており、表情も硬い。
自分の事を余り話さず、容易に心を開かない。
そういった性格から友人と呼べるような相手も少なく
親友と呼べる相手も1人しかいない。
ひとりになることが苦手で自分と一緒に過ごしてくれる人に依存しやすい。
体温が低く触るとひんやりしている。貧血を起こしやすい。
猫舌で熱い飲み物、食べ物が苦手。

以前恋人がいたがとある人物によって自殺に追い込まれてしまった。
(ヴァトナは人物が関与したことは知らない)

現在は幼馴染で親友の女性と二人で暮らしている。
といってもほとんど監禁状態であり外に出ることができない。
甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる彼女を嫌うこともできず
不安な日々を過ごしている。

性格に反してバトルやスポーツが好きなので外に出れないことを
不満に感じてしまっているが段々感覚が麻痺してきたのか
ストレスは感じなくなっている。




【絡み】
レインさん/天歌さん宅
幼馴染で親友。
ある時期から彼女に閉じ込められ、二人だけの生活を送っている。
外に出たいと思ってはいるのだが彼女が怖くて言いだせない。
しかし献身的に世話をしてくれる彼女に対して徐々にその感情も薄れ、
一途に愛されることに慣れて自分も依存し始めている。
以前の恋人を彼女によって自殺に追い込まれているがヴァトナはそのことを知らない。

※随時更新予定





スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近の

想い行き着くその先は

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。