上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


澤風/メガヤンマ♂






Sawakaze_1
※クリックすると大きくなります

名前/原型   澤風(Sawakaze)/メガヤンマ♂
年齢/身長   25歳/177cm
所属/役職   陰兎騎士団/平騎士
一人称/二人称 某/貴方様、そちら様、~様
控えめな性格 物音に敏感

「某、人を斬るのが何よりも楽しいことでござりまするゆえ」
「貴方様は、今際の際にどのような歌を聞かせてくださるのでしょうか」
「さてさてこれから語るのは、殺し合う運命を受けた悲しき双子の話にござります……」

【強さ】
力★☆☆☆☆(一般人程度)
速★★★★☆(魔力によりさらに速くなる)
魔★★★★★(優秀)

本名 秋津 雅人(あきつ まさひと/「澤風」は芸名)

極東出身の吟遊詩人。極東訛りの入った特徴的な喋り方をする青年。
「三味線の修行の旅」の途中でグランシディアに入国し、食住の保証がある騎士団に入隊した。

優しく人当たりも良いが、実は人畜無害な青年の皮を被った快楽殺人者。
人を殺すことが何よりも楽しいという外道な本性を持っている。
殺す相手は無差別で「殺して楽しそうな人」を選んで殺している。
彼が「楽しそう」と思えば老若男女構わず殺してしまう。
相手が子どもでも赤子でも呵責の念など一切持たずに殺す。
「楽しそう」と思わなければ殺すことは無い。
騎士団の人々は殺したい人もいるけれど面倒事が起こると厄介なので殺していない。

極東では表向きは由緒正しき三味線奏者の嫡男。
しかし裏では代々続く暗殺者の家系を継ぐもの。
一族は三味線を利用した戦法(後述)で数々の陰謀に加担してきた。

聴覚を鍛えるため、普段は布を顔に巻いて目隠しをしている。
(戦闘時は布は巻いていない)
顔を隠しているわけではないので頼めば布は外してくれる。

武器は三味線。
詠唱に合わせて演奏することによって魔力を高め強力な魔法を放つことができる。
空気の振動と共鳴させて風の刃を生み出したり、音の衝撃波を操ったりして戦う。
弾く曲によってそれぞれ異なる魔法を生み出す。
また撥も鋭く、刃物の代わりにもなる(弦は魔力で強化されているため切れることは無い)
他にも三味線を弾き続けることで自分の移動速度を上昇させ続けることができる。
素早さを上げつつすれ違う敵を魔法で切り裂いていくのが基本的な戦い方。
あまりにも速く鋭い魔法のため、斬られた敵がそのことに気が付かず
時間差で敵の身体が切り裂かれるという現象が発生することも。
三味線自体にも魔力があり、他人が所有者の許可無く触れようとすると
風の刃によって全身を斬り裂かれる。
三味線は普通の楽器として弾くこともできる。
時々、騎士団内で彼の歌と共に三味線の音色が聞こえる。

実は、ここ最近グランシディアで多発している謎の人斬り事件の犯人。
戦が無い時に退屈を紛らわすためにグランシディアの国民を無差別に斬っている。
上記の戦法のため被害者の殺害方法がわからず犯人と特定されていない。
人斬りはグランシディア国内に限らず、様々な国で行っていた。
いずれの国でも犯人だと悟られることなく過ごしていた。

「三味線の修行」と言っているが実は自分の双子の弟を探すため各国を渡り歩いている。
14歳の頃から人斬りの練習がてらに様々な国で傭兵などをしながら弟を探していた。
弟を探す理由はもちろん殺すため。
実家の一子相伝の秘曲を継ぐためにどちらかがどちらかを殺さなければいけない。
(本当は代々一人っ子の家系なので殺す掟は無かったのだが運悪く双子が生まれてしまった)
騎士団での仕事が無い時は街を歩き回って弟を探している。

【容姿補足】
瞳の色は緋色 

※絡みやチュウについて
特に制限はありませんがエロは良識の範囲内でお願いします。
グロに関しては、死亡・今後の生活に支障が出るような怪我(失明・手足切断等)を
控えてくだされば大怪我などもOKです。

何かありましたら、
i64_ageha☆yahoo.co.jp(☆→@)までどうぞ。




【絡み】
関係者 白藤さん(壱宮さん宅)
以前人斬りをしていた際に白藤さんを狙った。
しぶとく運良く生き残った白藤さんに犯人だと思われ(実際犯人だが)
食事を奢らされたりぺしぺしされたりしている。まあ昔のことは水に流せよ。
犯人であることは否定しつつも、特に上記のことを拒否はしていない。

※随時更新予定





スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

無題

空の人

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。