enlil-1.png

提督。横っ腹の傷痕は5年前の大戦で隣国の将軍にざっくりやられたもの。
エンリル「親友を庇ったら1カ月生死の境をさまよった。」

近接格闘戦が苦手でサボってたけどこれを機に
ハロルドに訓練してもらって近接でもそこそこ戦えるようになった。
近接メインの人と比べたら劣るけど以前よりは断然マシな感じ。
訓練でハロルドに散々叩きのめされて拗ねてグランシディアに嵐を起こしまくったのは秘密。

ハロルド「……おい。」
提督「…………何だ。」
ハロルド「拗ねるな。」
提督「拗ねてなどおらん。」
ハロルド「だったら向こうに見えるどす黒い雨雲は何だ?」
提督「知らん。あれが私が起こしたものだという証拠がどこにある。」
ハロルド「……大体お前と俺では結果などやらなくても分かるだろうに。」
提督「うるさい。黙れ。」
ハロルド「お前という奴は……で、どうする?今日は終わりにするか?」
提督「……もう少し付き合え。」
ハロルド「手加減はしないが?」
提督「上等だ。」
※案の定この後ハロルドにふるぼっこ。
魔法使えばチートだけど魔法無しの近接戦には弱い。




 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。